読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついトレ

ついトレはいま話題のニュース、twitterトレンドなどから犬や猫、その他可愛い動物の情報を中心に紹介

MENU

妊娠中に出会った子猫との出会いと別れ

泣ける

私が初めてこの猫ちゃんと出会ったのは雨がたくさん降っている日でした。

この猫ちゃんを飼ったのは少しの間だけでしたが、楽しい思い出ばかりでした。 f:id:fxrepo:20160404164026j:plain

出会い

結婚し、半年が過ぎたときに自分のお腹に子どもがいることがわかりました。体調もあまり優れなかったことから、妊娠4ヶ月に入った位で職場を退社することにしました。

ある日雨がたくさん降っている日があり、お昼寝室に入ると子猫の鳴き声が聞こえました。

家のそばに川があるので心配でしたが、連れて帰ってきても旦那さんから飼ってもいいという許可が下りるかどうかわからなく、逆にかわいそうな思いをさせたらダメだなと思い見に行くことができませんでした。

夜になると今度はリビングの方で子猫の鳴き声がしました。

家のゴミを捨てに行かないとダメだったので、仕方なく家の外に出ると家のゴミ捨て場に段ボールの中に入った子猫が捨てられていました。

旦那さんもまだ帰ってきていなかったので、とりあえず寒そうだと思い家の中に連れて帰ることにしました。生まれて生後2週間ぐらいの子猫でした。

旦那さんに電話をし事情を話し帰ってくるまで家に置いておく事を了承を得ました。これがこの猫ちゃんとの出会いです。

なぜ捨てられたのか

もともと猫が好きになった私と旦那さんはこの子猫を見てあまりにも可愛かったので家で飼うことにしました。

名前を『ローマちゃん』と名付けました。一応捨て猫になるので次の日動物病院に連れて行くことになりました。

連れて行くと猫エイズだということがわかりました。

だから捨てられたのかとかわいそうな思いになりましたが、その分私たちが大切に育ててあげようと再確認することができました。

かくれんぼが上手な男の子

子猫だったということもありローマはすぐ私たちになついてくれました。

何をするにしても後ろからぴょんぴょん跳ねてついてきてくれ、妊娠中の私には寂しさも紛れ、すごく幸せな日々でした。

家に大きいのと小さいダッフィーの人形があるのですが、その2体の間に隠れてちょこっと出てくる姿が本当に愛くるしかったです。

猫なので登ってくるのも上手で、妊娠中と言うこともあり気持ち悪くなって寝室で寝転んでいるとベットに乗ってきて横でごろごろしていました。

エイズと言われましたが、本当に元気でかくれんぼが上手なやんちゃな男の子でした。

引っ越し

子供が生まれ、子供の遊ぶ場所や寝室等も確保しないと狭くてダメなので引っ越すことになりました。

新しい引っ越し先は動物がダメで新たに飼い主を探すことにしました。一度捨てられた猫ちゃんなので信頼できる人に飼って欲しいなと思っていました。

そんな時に旦那さんの友人のお母さんから連絡がありました。すでに猫を3匹飼っているが、それでもいいなら育てさせて欲しいと言ってくれました。

エイズのことも話をしてそれでも大切に育ててくれると言ったのでローマをそのお母さんに託すことにしました。

もうローマを友達のお母さんに渡してから半年経ちますが、たまに送ってくれる写真に成長の凄さを感じます。

自分の子供が大きくなるにつれて、ローマの身体が大きくなっていることに自分の家族のように嬉しく感じます。

離れて生活しているけれど、今でも自分の家族だと思っています。

ローマは猫エイズに負けず、すくすく元気に生きてくれればうれしいです。

※猫後天性免疫不全症候群とは、FIVにより、ネコに引き起こされる諸症状のこと。俗にネコエイズとも言う。

FIVに遺伝的に近縁なウイルスがライオン、ピューマなどでも分離されているが、これらの野生動物がFIV関連ウイルスで発症したという明確な報告はない。

猫免疫不全ウイルス感染症の病態の一つである。

人間のHIV(いわゆる”エイズウイルス”)と同じ「レトロウイルス科レンチウイルス属」に分類されますが、犬や人に感染することはなく、ネコおよびネコ属に特異的なウイルスです。 f:id:fxrepo:20160404164026j:plain