読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついトレ

ついトレはいま話題のニュース、twitterトレンドなどから犬や猫、その他可愛い動物の情報を中心に紹介

MENU

愛犬とのハッピーライフ!たくさんの思い出とペットという存在の大きさ

あれは私が小学校の頃のこと。保健所のおじさんに連れられて一匹の犬がやってきました。

生後6ヵ月のまだ右も左もよく分かっていないワンちゃんでした。種類は柴犬と甲斐犬の雑種です。短い手足にふさふさの短い茶色い毛をまとってそのまんまるの目で見つめてくるのです。

なんてかわいいんでしょう。

さっそく名前をつけよう。ということになりました。 f:id:fxrepo:20160424075411j:plain

私の家はおじいちゃん、おばあちゃん、お母さん、お父さん、お兄ちゃん2人の7人家族でした。私は小さいながら、犬のぐるみに「ポチ」というベーシックな名前を付けていてその名前を付けたい!と駄々をこねていました。

すると、父が単純すぎるから毛茶色いしせめて、ポチャにしようという簡単な理由で「ポチャ」という名前が命名されました。

こうして私たち家族とポチャの七人と一匹の生活が始まりました。ペットの名前をつけるということだけの作業なのに、私たち家族は普段あまりしゃべらないのに、このときはすごく盛り上がっていたのを今でも覚えています。

新しい家族の存在っていうのは、今現状の家族にすごく影響をもたらすことを感じました。

ここからスタートしていったのですが、ポチャはすごく人見知りで、なかなかなつきません。

ですが、辛抱強く毎日毎日名前を呼んで、なでて、餌をあげての繰り返しであるときから名前を呼ぶと「キャンッ」と笑顔でこっちに向かってくるのです。そのとき家族もみんないて、感動の瞬間でした。

ペットの成長が私たち家族に笑顔を与えてくれているのです。そこからテンポよく「おすわり」「ふせ」「まて」などいろんなことをすぐに吸収するようになりました。犬の成長というものはすごく早いものだなあと家族みんなで話していたのを覚えています。

一年もすると体も倍くらいの大きさまで成長しました。

小さいころとは違うかわいさが出てきました。

ある時の事、家族が喧嘩をして、口を利かなくなったとき、ポチャがおもちゃを持ってくるのです。「くぅ~ん・・・。くぅ~ん」と寂しそうに近寄ってきて、喧嘩していた二人を見つめるのです。

仲直りしようよと言わんばかりの目つきで訴えてくるのです。そして家族もその行動にびっくりして仲直りするきっかけをポチャはくれるのです。

ポチャは言葉としてコミュニケーションをとれるわけではないけど、私たち家族のことを理解し明るくしてくれる大切な存在にいつの間にかなっていました。

世話するのは大変だと思う人もいるかもしれませんが、私はペットに素晴らしい経験を積ませてもらいました。

たまひよ 赤ちゃんのしあわせ名前事典〈2016~2017年版〉

たまひよ 赤ちゃんのしあわせ名前事典〈2016~2017年版〉

  • 作者: 栗原里央子,たまごクラブ
  • 出版社/メーカー: ベネッセコーポレーション
  • 発売日: 2015/12/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る