ついトレ

ついトレはいま話題のニュース、twitterトレンドなどから犬や猫、その他可愛い動物の情報を中心に紹介

MENU

ハムスターの「ハム」との日々

小学生の頃、ハムスターを飼っていました。習い事の先生の家で生まれた赤ちゃんを、もらったんです。穴をあけた箱に入れて、うれしくて、ダッシュで連れて帰りました。

変わった名前をつけるのがなんだか恥ずかしく、家族でシンプルに「ハム」と呼んでいました。 f:id:fxrepo:20160501040957j:plain

私の机の上にいつもケージを置いていて、宿題をしながら、いつも眺めていました。

私は絵を描くのが好きで、ハムスターの絵もよく書きました。

夏休みは、おばあちゃん家にも、小屋ごと連れて行きました。

夜行性のハムスターは、昼間は小屋の中ですやすやと寝ていることが多くて、ちょっと残念だった記憶があります。

だけど、家族で晩ご飯を食べると、匂いにつられて出てきて、ちょうだいちょうだい♪と言わんばかりにケージをカリカリかじる姿がとても可愛かったです。

かわいくてかわいくて‥野菜や果物を、手で分けてあげていました。

一番の事件は、ハムスター大脱走!です。朝、ケージを見ると、どこを探してもハムスターがいなくて。飼い始めて一年間、一回も脱走したことがなく油断していた私たちは、ケージの扉をきちんとしめていなかったようでした。

日曜日の朝から、ハムスター大捜索が始まります。音が聞こえるように静かに、ハムスターを踏まないようにそろーりそろーーりと。

三時間ほど探してあきらめ始めた頃、台所のシンクと冷蔵庫の間で、置いてあったピーナッツにかじりついていました。安心して、全身の力が抜けたことを覚えています。

工作が好きだった私は、トイレットペーパーの芯やらティッシュの箱を組み合わせ、ハムスターアスレチックもよく作っていました。

一度脱走したものの、小屋が大好きな我が家のハムスターは、何を作ってもすぐ小屋に帰りたがる、インドアハムスターでした。飼い主に似たんだねーと面白かった記憶があります。私も家の中で遊ぶのが好きで。

夜中、回し車を回すガラガラという音に起こされたりしましたが、必死な姿が可愛すぎて、つい寝るのを忘れて眺めてしまいます。

ひまわりの種をかじる姿がなんともラブリーでした。ほおぶくろに詰め込んで小屋の奥に隠すのも、面白くて、掃除のたび、きょうは何を隠してるのかなー?と楽しみでした。

やはり寒さに弱いのか、冬になるにつれ、弱ってしまいましたが、ジャンガリアンハムスターとしては長生きし、2年間、隣にいてくれました。

今の家は、犬猫禁止なので、またハムスターを飼いたいな、と考えています。

とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ

とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ