読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついトレ

ついトレはいま話題のニュース、twitterトレンドなどから犬や猫、その他可愛い動物の情報を中心に紹介

MENU

普段の散歩から友達犬と大はしゃぎして社会性を身に付ける

ゴールデンレトリバー、オス2歳。毎日のように散歩に行く広場が近所にあります。そこには他にもハスキーやパピヨン、サモエド、ボルゾイ、ミックス犬などたくさんの仲間が集まります。

小さい頃からその広場で遊び、群れの仲間として過ごし、社会性を身につけてきました。

f:id:fxrepo:20160502091426j:plain

初めての他の犬と遊んで

近所では、そこの広場は犬の遊び場だと有名でした。お散歩デビューを済ませて、近所を歩いていると、他の犬の散歩の人に「広場には行った?」と何人もの人に言われました。

仕事が早く終わった日の夕方、まだ明るい時間帯だったので、その広場まで行ってみることにしました。うちの犬も初めて行く場所に足取り軽く、嬉しそうに向かってくれます。

広場に着いてみると、ハスキーとサモエドが遊んでいるのが見えました。

オドオドしながら私が近づくと、すぐにそのハスキーとサモエドの飼い主さんが気付き、仲間に入れてくれました。

初めて他の犬と触れ合わせるため、こちらとしてはドキドキしましたが、うちの犬も最初から喜んではしゃいでいました。

犬同士で格闘して遊んで、度が過ぎると「ワンワン!」と怒られます。そんな事を繰り返して遊んで、うちの犬の目をキラキラさせていました。

今ではその広場に集まる犬で一つの群れのように意識しているようで、順位も決まっているようです。うちの犬は、ボスを無視するマイペースな問題児。ボスの犬が一番に水を飲もうとすると、横入りをして思う存分に水を飲んでいます。

あまりにもマイペースなため、ボスの犬も最近は起こることもしません。こんな様子に毎回飼い主たちは笑わせられています。

たくさんの仲間に囲まれて

その広場には、日によって集まると頭数が違います。2頭しか集まらないこともあれば、15頭くらい集まることもあります。多くが中型犬から大型犬のため客観的に見ると迫力があります。

先日、ボルゾイが5頭来て、10頭以上の犬が集まりました。こんなに集まると犬だけではなく飼い主たちも楽しくなってきます。

犬同士で遊んだり、犬が人のところに寄ってきて撫でてもらったり。多くの犬に触れ合える事も私にとっては楽しい場所です。

雪遊び

雪が降ると、その広場はとても良いドッグラン状態です。童謡の歌詞にもあるように、本当に喜んで駆け回ります。まるでウサギのようにピョンピョン跳ねながら走り、ゴロゴロと転がって雪の感触を確かめたりと興奮しっぱなしです。

一緒に走って駆けっこをしてみますが、やはり犬には到底勝てません。すぐに追いつかれ、体当たりされ、倒されて私は雪に埋もれてしまいました。

私が倒れると犬はさらにヒートアップ。上から飛びついて来て「もっと遊んで!」とベロベロ舐めてきます。

もう一度立ち上がり再び駆けっこ。また倒されてベロベロ舐めてきます。その繰り返しで、雪の日は寒いはずなのに汗をかくほど広場で遊びまわっています。

犬の集まる広場は楽しい遊び場です。