読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついトレ

ついトレはいま話題のニュース、twitterトレンドなどから犬や猫、その他可愛い動物の情報を中心に紹介

MENU

偶然出会った柴犬との思い出

偶然の出会い

実家で飼っていたわんこは偶然やってきた子でした。 f:id:fxrepo:20160505200758j:plain 父と私が動物が大好きなのですが母と妹は怖いという理由でセキセイインコ、オカメインコ、金魚等の小動物しか飼ったことがありませんでした。ところがある時家族ぐるみで付き合っている人からかかりつけの獣医さんの所に引き取り手のない7か月の子犬がいて困っている、そちらで飼ってあげられないかと連絡がありました。犬を飼いたかった父と私は見るだけと見に行きました。

病院の受付で看板犬として過ごしているようでした。多くの人と接しているせいか人見知りせずとても懐いてきました。柴犬がメインのミックス犬でした。

あまりにも懐いて可愛くその場で連れて帰ることになりました。母は「え~」と言っていましたがしばらくすると結構かわいいねと言いだし、その日から我が家の大切な長男になりました。

初めての場所で夜鳴いたりするかと思いきやあっという間に我が家になじみました。

しつけは出来ていたのでとても楽でした。

のんびり賢い子

性格はおっとりのんびり屋さんでした。怒ったり吠えたりはありませんでした。おやつをわざとじらしたりしてもニコニコ笑顔でじっと待っていました。

結構賢い子で相手によって態度を変えることができました。庭で放し飼いでしたが今家に誰がどこにいるのか良く分かっていて壁や窓際にいると壁を叩いてアピールするのでした。

お散歩が大好きですが父が連れて出ると左後ろをきちんと歩き、走るのが苦手な母とはゆっくり歩き余計な所に入ったり登ったりしないそうです。

ところが私と妹の時は走り回っていました。私が行けない高い所に上がり上からドヤ顔を良くしていました。

私との散歩の時は家が近づくと家に気が付かないフリをして違う道を行こうとしました。

付き合って10分ほどウロウロすると門を入る時にこちらを見上げて「楽しかったね。」とでも言っているかのように笑うのでした。

妹と私の子達と

妹と私が結婚して子供が出来た時はまるで子供達を弟妹のように思っているかのようでした。

どんなにいたずらをされても怒らず耐えていました。あまりにもしつこくされるとハウスの一番奥に隠れていました。

しかし子供達の命令「お手、お座り」には一度も従いませんでした。

散歩に一緒に行ったら必ず子供達より前を歩くことを心がけ、信号待ちの時に子供たちが出ようとしたら前に回って止めてくれていました。

また子供達が上がれないような所に上がって尻尾を振っていました。子供を抱っこしてわんこの近くに上げると今度はわざと飛び降りて見上げて笑うのでした。

思い出を沢山くれました

とても丈夫な子で大病はしたことがありませんでした。市から長寿犬として表彰状を頂いた翌年、脳梗塞を起こしました。

たまたま獣医さんが予防注射に来ている時だったので処置が早く後遺症は残りませんでした。その頃から私や子供が行っても飛んでくることが少なくなりました。

脳梗塞から一年寝ている間に家で死にました。前日も散歩に行き良く食べていたそうです。苦しんだ様子はなく獣医さんも楽な死に方でしたと言ってくれました。

つらい時や悲しい時は話を聞いてくれ19年に渡り私達家族を癒してくれました。この子と出会えて良かったと思います。

私や妹の子達にも沢山の思いやりの気持ちを育んでくれました。